カラーフィルとはイギリス発祥の修復技法で、ここ30年で英国では主流となっています。色合わせと質感を合わせたパテをつくり、欠損部分に充填します。最大のメリットは修復範囲を最小限にとどめ、オリジナルを最大限にし、オリジナルを尊重した修復ができるということです。

カラーフィル以外の共直し・共継ぎ(色を合わせて修復する)では、修復部分とオリジナルの境目をなくすため、吹き付け(エアブラシ)を使用するために、ペイントが広範囲にわたり、オリジナルの部分を隠してしまいます。そうされたものは、もはや陶磁器ではなくなり「ペイント」になってしまいます。「全くわからない」ようにすることは可能ですが(ひどいものだと全面エアブラシを吹いているものもあります)オリジナルを損なうという意味では、残念なことです。

工房いにしへではできる限りカラーフィルでオリジナルを尊重した修復を目指しております。金継ぎと違って直した部分がオリジナルの色に近づけますので、自然な感じとなり、どのようなタイプの陶磁器とも違和感もなく修理・修復することができます。

カラーフィルのメインの材料は、合成樹脂、二酸化ケイ素、顔料となります。色を合わせるのには時間が必要です。白という色でも、よく見ると「グレーっぽい」「クリーム色っぽい」など色の傾向があります。さらに陶磁器は透ける・透けないもありますので、その部分もカラーフィルでは合わせていきます。

合成樹脂、これは接着剤としても使いますが、カラーフィルの材料としても使います。工房で使っているものは、市販のものとは違って、一般の人が使うには使いにくい仕様になっています。大きな違いは「タレ止め剤」は「効果促進剤」等(不純物が)入っていないので、純度が高いということ。また色を作る必要があるので「無色透明」でなくてはなりません。さらに硬化する時間が長いもの。すぐ固まってしまうと、色合わせする時間が確保できません。なによりも、文化財・美術品を修復するということをベースにしているので、修復で一番大切なことなのですが「可逆性」がなければいけません。

カラーフィルの方法ですが…言葉で表現しますと。

合成樹脂に固さを調整する「二酸化ケイ素」(エロジール/エアロジル)を加えて、扱いやすいパテを作る。

色を出すのに「顔料」を使います。岩絵の具(日本画で使う)ですと(岩絵の具→ざっくりいうと、色の素とガラス質のものを融解させ、板状にする、それを細かく砕き粒状にしていく。粒の大きさで号数が決まっている)スパチュラ(へら)で混ぜると、スパチュラの金属が削れてしまい、色が濁ってしまうので岩絵の具は使いません。

カラーフィルでは、ぱっと見の「色」と素地がもつ「透光性」の2つの要素を合わせてやる。

やはり、具体的な方法については、文章よりも見ていただいた方がわかりやすいと思います。Youtube動画がありますのでごらんくださいませ。

現在、Youtubeでいろいろな動画を紹介しております。鋭意編集中です。ぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします。

【広告】美術品にもやさしい除菌剤です