「ものには価値がある」壊れてしまっても価値がゼロになるわけではありません。歴史を物語るもの~文化財、古美術品、骨董品のように時を経てきたものは、壊れたら捨てるでは文化はどんどん失われていってしまいます。さらに、その人にとって世界に一つだけしかない大切なものもあります。大切なものを正しく修復・保存し後世に受け継いでいきたいものです。工房いにしへでは、ものの未来を第一に考えた修復を心がけています。