このクラスの詳細

金継ぎの新しい形 CONTEMPORARY KINTSUGI 金継ぎ

陶磁器修復の1つの選択として、新しいクラスをスタートします

漆かぶれの心配のない新うるし ※1を使い、カラーフィル ※2 のベーシックテクニックを併用した新しい金継ぎを提案いたします。

以下のような方にピッタリの新しい金継ぎワークショップです。

・金継ぎをやってみたいけど漆かぶれが心配
・工程の多い本格的な金継ぎではなく、もっと手軽に金継ぎをはじめたい
・カラーフィルにも興味がある
・金継ぎに興味があるが、金継ぎの絢爛さがちょっと苦手

工房いにしへの金継ぎワークショップでは、扱いやすい材料とプロ仕様の機材を使用。手軽だけど、美しい仕上がりとなるようにお教えします。破片の多い器を全て金継ぎで直すと、どうしても金彩の線がうるさくなりがちですが、カラーフィルのテクニックを併用することで思いどおりの景色に仕上げることができます。言わば、引き算のできる新しい金継ぎです。

大切な器を永く、美しくお使いいただくために、まずは古い直しや汚れを丁寧に取り除き(※3)ます。そののちに、破損の状態に合わせた金継ぎを施します。

※1/植物性の樹脂で、食器の修復用としては食品衛生法に基づき安全性が確認されています。また、全ての方にかぶれが出ないわけではありません。稀にかぶれの症状が出てしまう方もいらっしゃいます。ご承知おきください

※2/イギリスで発展した陶磁器修復テクニック。破損部分をよりオリジナルに近い状態に復元する「共直し」

※3/当工房で行っている、文化財や骨董品の繊細なクリーニングテクニックもお教えします

ご用意いただくもの

ご用意いただくもの…ご自分で直してみたい器(4-5点あると同時進行で作業できます)お手元に適当な器がない場合は、当工房にて金継ぎ用の骨董/ビンテージの器の販売もあります。ご相談ください。

受講料について

初回体験 5,000円

基本的な消耗材料(パテ、アセトン、代用金など)、道具のレンタル料は受講料に含まれます。オプション材料(本金粉、金箔、紙やすり)は別途ご購入ください。

継続される方は(2回目以降)、チケット・お月謝となります。金継ぎワークショップ/カラーフィルクラスどちらのコマも受講可能です。 必要な道具はご購入ください。

ご購入いただくもの

●紙やすり100円~、●顔料4色セット600円、金彩用筆1800円、筆桶100円、本金粉300円~、金箔300円~、●スパチュラ1,800円

※●印は推奨のものがありますので、教室でご購入ください。他はお使いになっているものがあれば、持ち込みOKです。

受講時の注意

作業に金継ぎの行程が含まれる場合は、金継ぎワークショップでの受講となります。また、カラーフィルだけでの修復の場合は、金継ぎワークショップではなく、カラーフィルクラスでの受講となります。(スパチュラ・紙やすり・顔料セットはそのままお使いいただけます)

開催日程&申し込み

下のカレンダーより希望の日時をお選びください。ただいま、火曜日、金曜日の午前のみの設定ですが、午後に開講できる日もあります。その場合は、お問い合わせフォームでご相談ください。

2021年3月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
2021年2月

担当講師 荒木芳美