course-oneday


Conservation of Ceramics and Related Material 


始めて受講される方へ


まずは、カラーフィル体験、もしくは、入門コースを受講していただきます。初回はイントロダクションとして、修復の知識と、特にカラーフィルを中心に修復の技術を体験していただきます。全く経験のない人でも大丈夫です。初めて取り組むのに適当な練習ピースを用意しておりますので、まずはそれに取り組んでいただきます。
■ 持ってくるもの

・エプロン もしくは汚れても構わない格好でお越しください。

・筆記用具

・はさみ

・修復したい陶磁器(2-3個)がありましたら、実物 または 画像をお持ちください : 初日は練習ピースから取り組むため、お持ちいただいたものに取り組む時間がない場合もありますのでご了承ください。画像を見せていただいたら、どのピースが易しいかアドバイスいたします。

※どんなものが良いか。
→小さな欠け(~1cm程度)のもの。欠け部分が大きくなればなるほど難易度が高くなります。また、ホツ(欠けた部分が抜けている)の状態でないもののほうが簡単です。

→大きさが30㎝以下のもの。大きくなればなるほど取り扱いが難しくなります。また、修復中のお預かり品はサイズ制限があります。収納ボックスに入るサイズを推奨します。
・すでに陶磁器修復キットを購入された方は、キット一式をお持ちください。まだの方は購入していただき、当日教室にてお渡しします。


■ 授業内容

まず最初に「陶磁器の修復」の基礎知識を説明します。

初回は、カラーフィル(欠けた部分をカラーマッチングさせたパテをつくって埋める技術)を体験していただきます。まずは講師のデモンストレーションを見ていただき。パテの堅さ、どれぐらい顔料を混ぜたらよいか・・・それから、実際に自分の手を動かして体験してもらいます。

まずは、練習ピースに取り組んでいただきます。3つ程度練習していただきます。出来まして時間に余裕がありましたら、お持ちいただいたピースの中で一番取り組みやすいものをお選びし、それに取り組んでもらいます。

パテの堅さ、基本パレットづくりなどそれぞれの段階をチェックします。個別に指導してチェックしていきます。色合わせができたパテを、欠け部分に盛ってとりあえずカラーフィル充填の段階は完成です。

カラーフィルは仕上げの作業を経て完成ですが、この作業は、パテが完全に乾いてからでないとできません。パテが完全に硬化するのに最低でも3ー4日かかります。後日、コースに参加していただき、そこで仕上げていただくことになります。

⇒ 作品のお預かりについて ・・・ 作品をボックスにてお預かりしております。ただし次回のご予約が必要です。(お預かりボックスのサイズ 内寸33x25x12 まで)


■ 開講スケジュール

カラーフィル体験、または入門コースは、開催日程表に準じます。日程表から都合の良い日、時間帯(午前、午後、夜)をお選びください。


■ 受講申込みのルール

●教材準備が必要なため、参加には事前のお申込みが必要です。

●お申込みは前日でもかまいませんが、こちらの返事(メールまたは電話)を必ずお確かめください。返事のない場合はお申し込みが完了してない場合があります

●お申込みいただきましたら郵送、またはメールにて、ご案内&開催場所地図をお送りいたします。

●講習会費は、前払いをしていただくと、早割り料金となります。(材料費が8500円⇒7000円になります。)受講日の3日前までに振込手続きをしていただける場合になります。領収書はなくさないようにお願いします。教室で提示をお願いします。

●参加者の都合によってキャンセルの場合はできるだけ早く、遅くとも講習会開催24時間前までにご連絡ください。すでに受講料/材料費の振込が完了しているときは、次回以降の講習会に振替受講ができます。返金をご希望のときは事務手数料500円を差し引いた金額をご返金いたします。

●講習会開催24時間-当日0時以前のキャンセルは、キャンセル料として受講料の50%をいただきます。次回講習会費に充当、または、キャンセル料を差し引いた金額をご返金します。当日0時以降のキャンセルは100%キャンセル料をいただきます。

●災害・交通スト・その他の諸事情の場合、受講開始前の3時間前に開講・休講の決定をいたします。電話にてお問い合わせください。

P1030673.JPG