course-master


Conservation of Ceramics and Related Material 


マスターコース(初級)

修復を本格的に学びたい人のコースです。基礎的なことからスタートし、必要な技術をテーマごとにカリキュラムを通じてマスターします。


■ 概要

「カリキュラム」(全10単位)と「ワークショップ」(20単位)の合計30単位のコースとなります。「カリキュラム」は、その技術を深めるための時間となり、そのテーマを集中して学びます。タスク(課題)に取り組んでいただきます。「ワークショップ」はカリキュラムで終わらなかった課題に取り組んだり、カリキュラムで学んだ技術を実践してく時間となります。
受講できる日時は、開催スケジュールをご参照ください。ご都合に合わせて受講してください。

コースの一番最後は「アセスメント」となります。自分の取り組んだ修復作品を発表していただきます。

マスターコースで所定の単位を修め、アセスメントを受けて合格した人は、ステップアップコース(中級)に進むことができます。

コース開始から修了までの推奨期間は1年です。最長2年までOKです。


■ コース詳細
クリーニング、接着、カラーフィル、リタッチ等、陶磁器の修復の工程で必要な技術を学びます。

カリキュラムでは、まず最初に、その日のテーマのレクチャー、デモンストレーションがあり、それから、タスク(テーマにそった練習課題)に取り組みます。

授業の内容をまとめたレジュメをお渡しします。タスクで使用する練習ピースはこちらで準備いたします。(お持ち帰りできるものと、できないものがあります)

1単位の授業時間は2時間20分です。

進め方については、進行状況を見て、個別にスケジュールを組みます。基本的には、カリキュラム→ワークショップ→カリキュラム→ワークショップと交互にすすめていきます。教室の混雑状況によっては、若干変更させていただく場合もありますのでご了承ください。

P1030623.JPG