恵比寿のケンタッキーおじさん 定期観測〜 花だより

  • 更新日:

ひさびさにやってくれました。恵比寿のケンタッキーおじさん(笑)

あなたが一番最初に春を運んできてくれました。

足下まで桜の花びらが散りばめられており、かなりの力作です。(ゴミがくっついているわけではない)



なんだかテレビにこのおじさんが出てたようです…。

Posted from するぷろ for iOS.

梅図花生の修復についての講義をしてきました

  • 更新日:



京都工業繊維大学美術工業資料館が所蔵する、浅井忠の梅図花生を1年前に全面修復して納品いたしましたが、京都工業繊維大学では、アートマネージャー養成講座というのをやっておられるそうで、学芸員を目指す人向けにより実践的なことを学んでもらうという…なかなか興味深い場を提供されています。

私は今回、陶磁器の修復ということで、学生さんたちの前で、梅図花生の修復について話す機会をいただきました。参加者16名。ほとんどが関西周辺の大学院生だそうですが、学芸員の資格を持っていることが受講の条件だそうなので、みんなそれなりに勉強していらっしゃいます。

もうお一方、表具師の関戸氏も講義をされました。

一般向けの軽いトークは、アンティークモール銀座さんがらみのイベントでたまにやらせてもらってはいますが、それなりに勉強されている方向けというのは初めてだったかもしれません。

学芸員を目指す人といっても、やはり陶磁器の修復というのは、ほとんど知識がないに等しいと考えて、基礎知識から、カラーフィルとはなんぞやという紹介を交えて、梅図花生の修復がどのように進められたかを説明してみようと…持ち時間、60分!正直言って、私の中で60分の原稿を作るのは、かなり苦労しました。

時間はオーバーしない。短め!(笑)にこしたことはありません。聞いてて疲れてきちゃいますからね。

時間はOKだったと思います(笑)

内容は原稿作っても、あっちに飛び、こっちに飛び…。原稿を丸読みというのもつまらないとは思いますが。なかなか人前で話すのは難しいですね〜。

講義後に生徒さんとお話しする時間もあり、陶磁器の修復技法は、金継ぎ以外にもあるんですね!と、…そういう感想を聞いて、やっぱり嬉しかったし、この学芸員のタマゴさんたち16名に、カラーフィルのことを伝える貴重な機会をもらったことは何よりでした。


表具師さんの世界のお話しは、また陶磁器の修復の世界とは違って、興味深かったなあ…。

掛け軸とか好きになれそう…実は、掛け軸は良さというのでしょうか、どういう風に鑑賞したらよいか…あんまりわからなかったんです。その魅力が。

掛け軸を通して、その描いた人の世界を観ること。そして自分と向き合うこと。とおっしゃっておられました。

そして周りの表装次第で、絵が生きたり死んじゃったりする…というのも独特な世界です。

表装の周りの布のことを、例えて…「人間もいいお洋服着せたら良く見えるでしょう。」だから、大切なんですよ。センスが必要なんですよ。と。

講義をしに行ったといいつつ、講義も受けてこれて、ちょっと楽しい京都出張でした。



私の憩いのスポット。新幹線ホームに向かう階段の脇にいる、舞妓のミドリちゃんと。(名前は勝手に付けた)

Posted from するぷろ for iOS.

2月を振り返って

  • 更新日:
  • つれづれ

やはり、節分よりはバレンタインデーでしたかね。やや小規模ではありましたがチョコを配りました。

去年のバレンタインデーは大盤振る舞いでした。如水会名古屋支部の例会があり、ご来場頂いた方に全員プレゼント 笑 40個以上の生チョコはとんでもなく重く、松坂屋から中日ビルの移動にタクシーを使った覚えがあります。

バレンタインデーは直前3日間にお会い出来た方のみにお渡しすることに決めておりまして、貰ったことがない皆様、そういうことでご了承くださいませ。


去年はレシートをみて相当後悔しましたが...。爆。


不思議ですねえ。ちゃんとお返しがくるのです。

あげた人からではありませんよ。


どこぞとなく。。。


ものすごいタイミングだったのは、NHKの番組のオファーがその直後に来たこと。


やればできるではないか。

と言われているような感じがした。笑。


プレゼント上手な私の師匠はほぼ全員、richに暮らしてらっしゃいるんですよね...。金銭的に豊かだけでなく、心も、人間関係も豊かなのかなと。

持っててもケチな人、逆に人のものを奪っていく人 (お金とか、時間とか...) は最悪だとして。。。

岐阜の大金持ちの話しを聞いたことがありますが、その人、みんなで喫茶店なんかに行ったりした時、必ず、お会計のときになると、もういないんですって(笑)

それで、人も離れていっちゃうんだよね。


全然話しは変わりますが、修復というのは、どれだけモノのためにしてあげられるか。ということです。

私はそれだけは気前よくやっていると思う。

これでもかぁ~~~~~~~ってくらい、いい色が出るまでやり直ししますから。(笑)


ただ、単なる自己満足ってダメなんです。他のために・・・・という仕事です。

第一にはモノのため。

次は持ち主様のため。

持ち主様が喜んでくださるためならと頑張れるのです。

身を呈して...今年も残すところ10ヶ月!頑張るぞっ。と。

続きを読む

実は…

  • 更新日:

「感涙!よみがえりマイスター」(2014年8月6日放送)での映像が、スペシャル番組で少し使われるということで…番組制作会社からは連絡が来ていました。

今回はBSではなくてNHK総合デビュー。(お母さん、やったよ。地上波だよ← 母はBSに出ると言ったら、ええ〜?BSなの?とのたまわったお方です。)

ただ…10秒くらい(1時間のスペシャル番組のうちで)ということで、とてもじゃありませんが、10秒のために見てねとは言えませんでした。

1/28の放送を見て、シーンを確認。

確かに出てました。でも自分はが写っていたのが5秒。修復作品が5秒(笑)
そうです、慎重を要するのは…ニュースの取材来たー。オレでるよー。と連絡してきた弟のシーンはカットされていました。


焦ってなんとかテレビの画面、撮れたのが、この写真…



再放送は録画しようと、録画してみたら…

どうやらその日はイスラム国に捕まっていた、後藤健二さんが殺されたというニュースで、番組時間がずれずれになり、録画されていたのは「のど自慢 ー 大阪府大東市」

苦笑い…


もし、「感涙!よみがえりマイスター」が再スタートし、また取材に来てくれたなら、今度こそ皆さんに見ていただきたく、ブログで宣伝しようと強く思うのであった…。


続きを読む

コンフォルト 2015年2月号に掲載されました

  • 更新日:

コンフォルトはかなり専門的なインテリア、建築関係の雑誌なのですが、私めのインタビューが掲載されました。東京都庭園美術館の特集のちょっと付属的な話しになるのですが、香水塔の修復についても取り上げて下さったのです。

最初の打ち合わせでは、ちょこっとしたコーナー程度の扱いということでしたが、なんとまるっと1ページ!

ありがたいことです。

そして…隣ページが、我が戦友、黒瀧道信さんことミッチさん。(家具修復・デコラティブアート主宰)



隔月発行の雑誌です。

実は書店2軒回ってみたのですが、そこには置いてなかったのか、見つけるのが下手なのか…。

もし本屋さんに行かれましたら、コンフォルト探してみてくださいませ。

Posted from するぷろ for iOS.

神棚 お札の飾り方 で驚いた

  • 更新日:

割と信心深いほう…かもしれません。

ウエストディーンカレッジで修復を勉強している時は、通学に車を使っていました。2時間という長距離でかなり身体にも負担がかかる毎日でした。

慣れ始めた2学期目,3ヶ月の間に3回自動車事故してしまったんです。
幸いに大怪我するような事故ではなく、車がへこんだくらいだったのですが…。

さすがに、落ち込みました。そしてさすがに気づきました。何か憑いてる?!(笑)

他のコースにいた日本人学生で、ちょうど日本に一時帰国する子がいて、お土産何がいい?と聞かれた時、交通安全のお守りをお願いしたんです。

お守りを頂いてからは、本当に守られているように事故はありませんでした。

心の持ちようもあるかと思いましたが、安全無事であることは自分ひとりの力だけではなく、神様っていうのでしょうか。見えない存在の力添えもあるのだ。と、その時から心底思うようになったと思います。

私は留学するまでは、あまり運とか、そういうことを気にして無かったかもしれません。イギリスに留学して最初の3年は不運続き、嫌なことにも随分遭遇しました。海外で言葉が不自由で慣れない世界だったので苦労が倍に感じられたかもしれません。

私って、守り神を日本に置いてきちゃったんだ。と…。

でもそれに気づけてからは、試練が去っていった感じがしました。

周りの人にすごく感謝できるようになったし、見えない存在にも礼を払えるようになりました。


私はそれまで自分が努力したらなんとかなる。なんて思ってましたが、それは大きな間違い。

気づけて良かったと思う。


前置きが長くなってしまいましたが、そんな信心深い私なので、自宅には神棚があります。

そしてお札をお祭りしているのですが。お札を並べる順番やら、榊はどこに置くとか、お供えはどうする…という情報は、もちろんインターネットでも検索出来たりします。

お札は頂くと「上」と書いた封筒に入れてもらえます。お祭りする時はその封筒から出してです。

お札本体にピッタリと薄紙が巻かれているのですが…今年はこれがピリッと破れていました。縁起物ということもあり、熱田神宮に電話をかけて、交換してもらえるか確かめようと思ったら。

「その薄い紙は取ってお祭りしてください」

「?!?!」

あまりのお返事に言葉が出ませんでした。

だって、ずーっとその薄い紙つけたままでお祭りしてましたから(笑)

いやあ、存じ上げませんでした。

正しくお祭りしてないせいか、神様に、がっぽり儲かりますように。というの願いが届いてなかったのか。(笑)


Posted from するぷろ for iOS.

骨董ジャンボリー 2015 新春

  • 更新日:



今年も骨董ジャンボリーに出店させていただきました。修理屋横丁もかれこれ何年でしょうか。馴染みのお客様にお会い出来るという貴重な場所となっております。

お顔を見せてもらうだけで、元気そうだな。というのがわかって嬉しいです。

初日には、私の初クライアント様が、イギリスから買い付けにいらっしゃっていたようで、10年ぶりくらいかもしれません。髪型が変わっていたこともあり、一瞬誰だか迷ってしまいましたが…思い出しました。(オット、危ない。恩人を忘れるとは)

私たちの間を取り持ってくれた人の話になるのですが、どうやらイギリス人のダンナとは別れ(髪結いの亭主状態だったらしい)第二の人生を一回りも下のボーイフレンドとエンジョイしているそう。

その当時から綺麗な人でしたので(仕事はエスティシャン)…そのまんまでも綺麗だと思うのですが…

とある部分を底上げし(男性が好きなパーツ?) さらにモッテモテだそうです(いいなあ)

とある男性にこのことを話したら…

知人「人工的なのは触ったらわかるよ」

私「えっつ。そういうの触ったことあるんですか?」

知人「……………………」


新年早々、なんの話しをしてるのか(笑)

Posted from するぷろ for iOS.

初えびす

  • 更新日:

新年明けて、毎年お参りするのが、初えびすの熱田神宮です。

こう見えても(笑)けっこう信心深いです。


毎年、着物で参拝してます。私なりの正装で、神様のところにご挨拶です。

去年、香水塔の仕事やらNHKやら、いろいろさせてもらいましたので...お礼ばかりです。

昔はいろいろ無理なお願いばかりしてましたね〜(笑)
主に、儲かりますように...ですが。

修復の仕事はがっぽりとは儲かりませんね。(ようやく気付いたけど...。)
続けさせてもらって生活に困らない程度でもありがたいと思わねば。ものすごく人生は充実しますから。

お客様に喜んでいただけることが何よりと思う。

そして、自分の仕事が歴史のひとつとして残されて行く。


大きな仕事もひと段落ついて、いい年になりそう。今年も真摯な気持ちでたくさんいい仕事をするぞ!
(^_^)

Posted from するぷろ for iOS.

謹賀新年 2015

  • 更新日:
  • つれづれ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

名古屋から伊勢神宮まで車で3時間くらいで行けるので、毎年年末にお参りに行き、干支の置物をいただいてきます。この干支をコンプリートするのがお伊勢参りの一つの動機になっているかもしれません。毎年元気に参拝できることに感謝!です...。

ただ...そのままではなく、ちょっとカスタマイズして自分好みにしています。

↓↓↓ 工房で金彩を施し.........


自宅と工房におまつりします...。

Posted from するぷろ for iOS.

御礼 2014

  • 更新日:
  • つれづれ

今年は香水塔(東京都庭園美術館)の仕事をはじめ工房いにしへにとって大きな仕事をいくつかさせてもらいました。もちろんそれだけではありません。変わらずお仕事をくださるリピートのお客様、新規のお客様。ほんとうにありがとうございました。年末年始の営業ですが、12月27日(土)~1月5日(日)は休業させていただきます。2015年も良い修復をさせていただきます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_0757.JPG

Powered by Movable Type 5.2