二日酔い止めの最強の薬

  • 更新日:
  • つれづれ

プレシャスのインタビューでは、毎回登場する人に同じ質問をする・・・ということで、それが5つあったのですが、かなり答えに悩みました。

そのうちうの一つに

「いつもバックに入っているもの3つ」

という質問があり・・・かなり個性が丸出しになってしまうような気がしたので、心配になり、我がビジネスパートナーのナリタに相談した。(雑誌とか好きで詳しいので、雑誌の雰囲なども含めて意見をもらっていた。)

「絶対入っているのってね、ipad miniと・・・・」

(ウンウン)

「ミラグレーンっていう、お酒飲んで悪酔いしないようにする薬。アルコール中毒にも効くらしいよ。」

というと、「ウワ。オッサン」

という予想通りのナリタの反応・・・・。

あまりにツウすぎるということと、Precious読者層を考えて

「酔い止め小町」 ← ナリタ案 (笑)

でも、ちょっとマイナーでわかりにくい。

ということで「ウコンの力」ということに。

 

ただ、編集者さんの反応を見ながら、もし拒絶反応がでたら、ひっこめなさい。というアドバイスは頂いた。

 

当日、勇気をふりしぼって 「ウコンの力」

と答えたところ。。。

なんと、さわやかなイケメンカメラマンさんにオオウケ。

「僕もいつも飲んでます。効くんですよね~~~~~~。」

編集者さんもお酒が好きだそうで、拒絶どころか、共感をもっていただき、場の一体感が生まれたくらいである。。。(笑)

ただ、商品名はNGということで、雑誌には「二日酔い止めの薬」というふうになってはいますが。

 

とある知り合いにプレシャスを見せたところ、この部分に目が留まり

「私の友人が最強だってのを教えてくれたんだけど・・・・」(彼女はお酒がぜんぜん飲めない)

(エっ 何?)

「ペパリーゼに・・・・」

(それ、フツウ)

「ファンケルのカロリミット2錠を一緒に飲む」

(??????)

初耳である。一度インターネットですごく検索したことがあるが(とても酔っぱらってひどい目にあったとき反省して・・・)異色のコンビネーションにはびっくり。

「まあ、普通のところで酒豪伝説もいいらしいけどね。」(居酒屋で200円くらいで売っているヤツ)

この組み合わせを飲むと、一升瓶くらい平気でガブガブ飲めてしまって、全然酔わないらしいが・・・

どっちかっいうと、お勘定がコワイ。。。

 

今度試してみよう。絶対酔っぱらいたくない時に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛暑いつまで?

  • 更新日:

今年は今まで生きてきた中で一番暑い夏のような気がします。

私は寒いのよりは暑い方が好きなので、四季は夏が一番好き!と言っておりましたが、夏が好きというのは、3年前にやめました。

あまりに暑かったから。


8月1日は、多治見で39.9度を記録。

ちなみに名古屋は37度。

35度を超えると猛暑日というらしいですが…その連続記録はどれくらい続くのでしょう。

ただ、夏バテしていた2年前とは打って変わって、元気に朝練をほぼ毎日しておりますと(笑)
暑さが、一番ひどかったのは7月30日。確かに、その日から、もう練習場に行くのはやめようと思いました。

次の日、休もうとしたら、家族が朝練に行かないの?とけしかけるので、悔しくなり、この暑い中を練習しに行き続けているのですが、今日なんて少し風があって涼しかったですよ〜。

慣れただけか…(苦笑)

でもちょっと涼しくなったカナ。涼しくなるのではと思います。


夕刻の、暑さで朦朧としている空を見ると、砂漠のよう…。こんな空も今まで見たことなかったと思うので記念撮影。


Posted from するぷろ for iOS.

言い訳

  • 更新日:

最近はまっているとあるスポーツですが、親からも諌められており…

あんた、いいご身分だねえ。

と言われました(笑)

全く反論できませんが、ゴルフを再開して良かった点を述べたいと思います。

・身体が引き締まりボディーラインが若返った。
→ 去年はワインにはまっていたせいか、お腹がブヨブヨになり、腿もタルンタルンでしたが、運動をするってすばらしいですね。お腹なんて、割れてますよ。割れて(笑)

・歩くのが億劫ではなくなった。
→ 今年は打ちっ放し代がかさみ、タクシーに乗れなくなりました。節約です。(笑)というか、ゴルフすると歩くのです。楽しく歩くと歩けるようになります。体力はつきました。

・膝の痛みが自然治癒した。
→ 去年に捻ってしまった左膝。筋肉がつくにつれて痛みが軽減していったような。気のせい?

・暑いところ、寒いところにいる耐性ができた。
→ 先日ラウンドしたときも、劇的な暑さでしたが、それでも楽しいと思ってラウンドしている自分…。ほんとに変わりましたねえ。

・早起きになった
→ 朝4時起きなんて、お遍路さんをした時以来ですよ。

・酒をガバガバ飲まなくなった。
→ 早起きして朝練に行きたいので。

まあ、デメリットは、金がかかる。日焼けして黒くなる。まわりの人(ゴルフしない人)を誘って嫌われる。等ございますが、健康であることが何より重要なので、しばらくは暖かく見守ってやってくださいませ。

家族いわく、もうすぐ飽きる。だそうです。


ワインのときのように。

久しぶりに開けたワインセラーには、薄っすらカビが生えてました。

Posted from するぷろ for iOS.

梅雨があけました

  • 更新日:
  • つれづれ

梅雨があけたそうですが、ここ2-3年は梅雨と台風が同じ時期にやってきて、どちらの雨だかわからないような気がします。私が子供のころは、台風といえば秋にやってきたように思います。

今年は7月20日海の日となりましたが、これは例年に比べると遅いほうかな。と。

明けたら明けたで、真っ青な真夏の空が広がっていました。

 

三連休は一気に上昇した気温でやや夏バテモード・・・仕事のメールをする気分になかなかなれませんで、完全にお休みさせていただきました。

そして、三連休終わってみれば、メーラーが絶不調(苦笑)

 

メールに関してはなんとか代替策で対応しておりますが、もしかすると、まったく返事がこないじゃないかー!という方はもう一度メールをしていただけるとたいへん助かります。<(_ _)>

 

 

 

 

 

チエコの蝉観察日記 2015

  • 更新日:

今年はじつはものすごく早い時点で蝉が鳴くのを聞いてしまいました。
実家(愛知県東海市)の近くの、行きつけの(笑)名南カントリークラブ パター練習グリーンで、パターを一生懸命練習していた時…

木の高いところから

「ミ…」

「ミ…」


ミーン、ではなかったんですが。。。

グリーンにいた研修生さんも気づいたようで、「蝉?」と言っていました。

その日は大変暑い日でしたので、蝉が、もう夏か?と間違えて鳴いてしまったようです(笑)

非公認記録ですが4月30日。


名古屋市内は7月6日といたします。

これまた、私の行きつけのゴルフ練習場の近くにて。東区葵なんですが。

これは通常、やや早めかな…。


中区の蝉はなんだか元気無くて、東区にいくとミンミン激しく鳴いているのが、中区の新栄公園では、全くないんですよ。

地域差ってあるんだな〜が、今年の観察ポイント(^-^)

Posted from するぷろ for iOS.

代官山でゴルフの練習♪

  • 更新日:
  • つれづれ

如水会(大学同窓会)の理事会で懇親ゴルフ会がありまして、それがゴルフに復帰しようとおもったきっかけですが。12年ぶりということと、自分がそれなりに歳ととっていた(笑)ということもあり、参加すると決めてから猛特訓をいたしました。

とりあえず迷惑をかけない程度にはならねば・・・。

根が真面目なものですから・・・(笑わないよーに)

そうです、修復という仕事で鍛えられたアスリート根性・・・できるまで反復練習をコツコツする。できるまで(勝つまで)やり続ける。精神が筋肉質でなければ、修復の世界でやっていくことはできないかもしれません。

久しぶりのゴルフの練習では「自分ってこんなに頑張り屋さんでしたっけ~」(笑) と思うほど練習場に通いましたが、ナリタ先生曰く「アンタ、小さいときから、そんな風だったわよ。」というツッコミが。

話はゴルフに戻りますが、スイング見たら、なんとなくどの程度がわかるそうな。

体形もありますね。(笑) 女性ゴルファーでご一緒した方なのですが、いかにも飛ばすぞぉ~的なお体をされていた方は、予想通り、ドライバーで220yくらいをぶっとばしていました。まあ、体重は私の1.5倍くらい。でも、ちょっとうらやましい。

まあ、私も全くの初心者でない・・というのと、きちっとレッスンを受けて先生に定期的にスイングを見てもらっている・・・というのがあるせいか・・・・。

ラウンドすると、おっちゃんたちに

「あんた、スクールいっとるだろ。どこのスクールいっとんの?」(名古屋弁)

とよく聞かれます。

 

この前は・・・・

「どんな先生に習っているの?」

と聞かれましたので、

「若い先生だよ~。30代前半のね。」

と答えると、

 

「うん。若い先生のがいいよ~。おじいちゃん先生だと、先生(のスイング)に癖ついちゃってるもんね(笑)」

確かに・・・である。

おじいちゃん先生に習ったことはないが、おじいちゃんゴルファーたちは、けっこう見事な癖がついていて、まあ、それでも、それなりに当たっているところは尊敬に値する。

・・・という話を、レッスンの際にしたところ。

師匠は笑うでもなく、冷静に、私に教えてくれました。

「それはね。ゴルフクラブがパーシモン(木)、ゴルフの球も糸巻という時代があってね。そのときのスイングと、今のスイングは違うんだよ。」

な、なるほど・・・・。

ゴルフクラブがパーシモンからメタルに変わった時期が、先生がちょうど中学生だったという。道具変われば打ち方も変わる・・・ということで、打ち方をうまく変えられた人もいれば、できなかった人もいるそうな。

 

先生は、「もう、若くないっすよー」を連発され恐縮されていましたが・・・パーシモン&糸巻の先生でなくてよかった(笑)

 

その若い先生は、こんな感じです (笑)

P1050981.JPG

 

プレシャス 8月号 にインタビューが掲載されました

  • 更新日:

7月7日発売、プレシャス8月号に私めのインタビューが掲載されました。Life is so precious というコーナーで創刊当時からの連載だそうです。世界で活躍するキャリアを毎月5人紹介しているようですが…素直に「う、嬉しい〜。」と心の中で叫んでいます(笑)

編集の大庭さんは、去年手掛けた、東京都庭園美術館の香水塔の修復をリニューアルオープンした時に見てくださったそうで、ずーっとインタビューしたいと思ってくださっていたそう(感激!)

こんなキラキラした雑誌に私が出ていいのかしらん、とも思いますが…こんな機会を与えてくれた香水塔のパワーにあらためて感謝です。

本屋さんに行ったら、チラッと見てやってください。(^-^)



続きを読む

貫入とのつきあい方 【アンティーク陶磁器のお手入れ法】

  • 更新日:
  • 修復, 陶磁器

これは以前、inishie.com(工房いにしへの修復材料通販サイト) がアンティークの販売もやっておりまして、そのときにお客様からいただいた、アンティーク陶器の貫入のご相談に対して回答したものです。

ご参考になればと思って再度UPいたしました。(*^。^*)


●貫入とのつきあい方 ししまるさんの悩み

スージー・クーパーの Earthen Wareは、釉薬の部分に貫入(釉薬のひび)が入っていることがあります。全く入っていない物もあります。入っていなかったものに貫入が入ってくる・・・という問題もあります。

つまり入っていなかったものに貫入が目立つようになる。どうしてか??これはボディー(中心部のやわらかいところビスケット状になっています)と表面の釉薬(透明で堅いところ)の硬度・収縮率が一致していないことによります。

今回、「ししまるさん」よりご質問メールをいただきましたので、ご登場いただき、考えてみたいとおもいます。


質問 from ししまるさん

ハジメマシテ!
ホームページの前回のコラムを読ませていただきました。アンティーク初心者の私にはとても勉強になりました。 (食器を選ぶ点で気を付けること等。)
さて、先日(1ケ月前)やっとの思いでスージークーパーのドレスデンスプレイの紅茶カップを購入したのですが買ったときは完品だったにもかかわらず、1回使うと 2センチくらいの貫入がカップの内底に入り、それからも 2回、3回使う度にどんどん貫入が内にも外にも(絵柄部分) にもできてきて、染みになったりするので漂白したりで、もう泣きたい気分です。使い方、保存の仕方が何か間違っているのでしょうか?
私の使い方・・・普通に熱湯を注いで、カップを温め、それから再びお湯をそそいで紅茶パックをいれ、蓋をして、5分程置いて飲んでいます。飲み終えるとすぐ水で洗い(染みている場合は漂白剤を入れ30分程放置しています)、布巾で拭き、一晩放置してカップボードに保管しています。そのカップボードはガラスの戸があるので中にお水をいれた御猪口を一緒にいれて、保管しています。直射日光等は当たりません。
この方法で何かいけないところはありますか? お手入れ、保管方法で気をつける点をお教えください。貫入が見る度増えていっているのですごくすごく悲しいです。紅茶を飲むにも、染みになるんではないのか? と、いたたまれず、ゆったりとした気分でティータイムを楽しめません。
ご回答、よろしくお願いします。

回答 by CS

ホームページをみてくださってありがとうございます。もっともっと、内容が充実するようがんばりますので、これからもよろしくおねがいします。 さて・・・貫入のことですが、気になったのは、カップに直接、熱湯をそそぐということです。たしかに、最初にお湯をいれておくと、紅茶がさめないのでよいのですが、できたら、カップに直接、熱湯(100度)をそそぐのはさけられたほうがよいかとおもいます。スージーのアースンウェアはボーンチャイナ(白くて堅い)とちがって、2層から成っており、表面の堅い部分(釉薬、ガラス質)とビスケット状の柔らかい部分(ボディー、空気を含む。れんがみたいになってます。)、でできています。それを熱すると、(お湯をいれると、)その2層がそれぞれの割合で膨張するので(ボディーのがより膨張し、釉薬の部分はあまりしない)、釉薬の部分に亀裂(貫入)がはいってくるのです。ようするに、なるべく「熱」という刺激をあたえないようにしてやればいいわけで・・・。たとえば、ティーポットで紅茶をつくれば、その時点で、お湯の温度がさがりますし、ミルクティーにするつもりなら、カップに先にミルクをいれておくとか。(先にミルクをいれるイギリス人のひともけっこういるんですよ。)そうやって、なるべく、カップに熱をあたえないようにするのがよいかとおもいます。 シミは紅茶1杯のんだら、すぐついてしまいますか? わたしの体験では、貫入の入ったお皿をつかっていましたが、けっこう大丈夫でした。さすがに、紫キャベツをもったときには、しみになりましたが(笑)それでも、よーく、水洗いしたらとれました。それに、カップでも貫入のはいったものは、のんだらすぐ洗う。というようにして。 なるべくなら、漂白剤を使わないようにしたほうがいいです。もし、お使いになるのなら、その部分のみ、(漂白剤をはったたらいにカップをつけるのではなく、カップの内側に漂白剤をそそぐだけにするとか・・・。漂白剤も水でうすめたほうがよいかとおもいます。)そして、漂白したあとは、よく水洗いして、つけた時間だけ、水につけておく。(漂白剤を30分つけたら、水にも30分つける)それから、布巾でふいて・・・。というふうになります。 この点に関しては、程度にもよりますので、また、ご質問等ありましたら、メールください。 こんなこといってもなんですが・・・・、スージーのアースンウェアはお使いになるなら、(つかわないで、しまっておくならべつですが)ほとんどは、おそかれはやかれ貫入がはいってくる性質のものです。(経年貫入の問題) あまり、がっかりされないでくださいね・・・。でも、ししまるさんはスージーをとってもかわいがっているんですね。うれしいことです。 それでは。



それと、オーブン、電子レンジには絶対いれないでください。いっきに貫入がはいることもあります。

ディスプレイする場所も気をつけましょう。直射日光のあたるところはNGです。極端な乾燥、湿気もよくありません。

なんだか、ここまでくると・・・みなさんを必要以上に心配させてしまっているかもしれません・・・。「貫入を避けたい、つくりたくない」ならば・・・観賞用にするしかありません。

ただ、1930年代のアースンウエアの技術からいいますと、なにもしなくても、ほとんど貫入が入る運命だといってもいいでしょう。(※まだ入っていないものもありますが、それは今後も入らないことを保証するものではありません。)

ツタンカーメンもびっくり(笑)

  • 更新日:
  • 修復

修復のお教室では「接着剤はつけすぎてはいけないよ。」というふうに教えておりますが、よくあるパターンで、つけすぎちゃって、ぶちゅぶちゅっとはみ出ているケース。

ご家庭で直そうとおもって、やっちまったなぁ~というのを、わたしも依頼品の数々で拝見しております。

それをツタンカーメンのはずれたヒゲを修復するときに学芸員さんがやってしまったという・・・。

なんともお騒がせなニュースです。(笑)

http://www.afpbb.com/articles/-/3037561

 

1月頃に話題になっていたようですが、8月に展示が中止、再修復へ向けた動きとなり、またニュースに浮上してきていたみたいなので、生徒たちへの注意喚起(笑)でブログに掲載しておきます。

ナリタ先生がワイドショーの報道で見たときは 

(笑) ヤバイとおもた学芸員は、博物館にある接着剤を使用すると自分がやってしまったことがバレるとおもって、(多分ホームセンターかどこかで)買ってきた強力な接着剤を使用した。

(笑) 接着剤がぶちゅぶちゅにはみ出ていたのをお客さんが発見してこの事件が発覚した。

(笑) あせりすぎた学芸員は接着剤をつけすぎただけでなく、ヒゲがビミョーな角度にずれてしまっている。

(笑) あまりに強い接着剤でつけすぎたため、外すことができず、その外す薬品をドイツに空輸で取り寄せている。

 

ということでした。

「可逆性」(reversibility)つけたら、再び除去することができなくてはいけない。(モノを傷めずに)という修復の大原則をぶっとばして、保身に走ったために悲劇が起こってしまったということです。

 

文化財を取り扱う人は文化財に自分をすべてささげるくらいの気持ちがないとダメかと思います。

 

いやいや、人のふりみてわがふり直せ。自分も気を付けたいと思います。

うーん。ぶちゅぶちゅはやらないですけどね。

 

 

 

学会が京都であります

文化財保存修復学会というのがあるのですが、6月27日・28日と京都工芸繊維大学にて開催されます。

京都工芸繊維大学資料館で修復させてもらった、新井忠の「梅図花生」の事例をポスター発表いたします。ポスターは印刷に出して、印刷完了!宿泊先のホテルに配送してもらうことにして、身軽に京都に出かける予定です。

 

しかし、驚いたのがホテルの値段。

1か月前に探したときには、すでに10000円弱のお部屋しか残っていませんでした (~_~;)

リーズナブルな東横インなどは、もちろん満室で・・・さぞかし前に予約しなければならなかったのでありましょう。

 

さすが京都。観光都市ですね~。

 

10000円だと新幹線で往復したほうがいいのではと思ってしまう距離の名古屋ですが、とりあえず奥の手を使い(保養所)なんとか寝床は確保・・・もうどこでも結構です。贅沢いいません。

奈良で学会があったときも、ホテルが取れなくてびっくりしましたが・・・・。それは数が少ないからなのかなと。

いや、自分が予約するのが遅いんだよ・・・ってことに、早く気づいたほうが良いみたい。

 

 

 

 

 

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2