畠山記念館に雪峯を見に行ってきました

  • 更新日:

カルチャーの講座では必ず修復お話しで触れている本阿弥光悦作の「雪峯」ついに実物を見ることができました。

畠山記念館の名品中の名品と言っても良いかと思います。

この茶碗は、作った時に火割れが出来てしまい…普通だと失敗作となるところでしたが、光悦がひび割れた部分を漆で埋めて金を施し…その金継ぎ部分を雪解けの渓流に見立てた…という作品。

ただ、いつも展示されているわけでなく……。

金継ぎの例として、生徒さんに紹介していたのですが、なかなか見れずにおりました。

今回の特別展示は「光悦と光琳」ということで、「雪峯」が出るに違いない!と期待していたのですが、ついに!です。

写真ではなく実物を見ると…やっぱり伝わってくることが違います。

やっと会えました…。

ここでは私の感想はあえて言いませんが、ぜひ皆さんもこの機会に会いに行ってください!

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2