道具とは

  • 更新日:

修復の道具については、こだわりといえばこだわりの。こだわりぬいたものを使っています。

ほとんどがイギリスの専門学校で教えてもらったものですが、ずっと使い続けています。

そのうちの一つ、スパチュラも、イギリス製です。

先端しなり具合が全く他のものと違います。

ですから、他のものでは代用出来ないと断言します。

スパチュラから話しは飛びますが、最近、ゴルフ (私の趣味です)のシャフトに驚きました。

シャフトには特性があって、その人に合うしなり具合があるんですって。

私にとっては、清水から飛び降りるような値段でしたが…(この棒一本で中古アイアンセット買えるんですもん) 思い切って私に合うものというのに変えてみました。

ううっ、曲がらないし飛ぶし、最高ではないですかっ(喜)

ウーム、やっぱり腕でなくて道具か…。と改めて思った次第です。

でも帰り際に言われました。「シャフトだけ変えてもダメですよ。きちんとしたスイング(基本動作)を作るということが大切です。」

サボっていたレッスンを再開します…。


Posted from いにしへの美を蘇らせる.

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2