2018年10月のエントリー 一覧

セルフィースティック

  • 更新日:

すでに一つ持っていて、撮影の時(主にゴルフ練習)には重宝しているのですが、工房での撮影用にと思ってAmazonで新たに購入したものが!軽くて小さくなってて!素晴らしい!!

旅行に行く時は、↑↑こちらのが絶対いいです。新しいものは、三脚部分が内蔵されています。

今までのは三脚部分が、プラスアルファといった感じで、重さと長さがその分増えるといった構造です。

通販は、たまに大失敗があるのですが(苦笑) 本日のお買い物は大成功でした(⌒▽⌒)♪♪

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

可愛いタイル

  • 更新日:

東京から名古屋に帰って、向かったのは「なかめのてっぺん」(中目黒に本店のある居酒屋さん) 中目黒は恵比寿の隣ですが、中目黒で食事をしたことはありません(笑)

ここの突き出しのバーニャカウダが食べたくて…


いつもと違う席に通されたら、壁に可愛いタイル発見!!!こんなのあるんですね〜♪

あと、工房いにしへとかなり近い日本酒発見!!!味の好みはさておき、名前気に入りました!愛知のお酒です。

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

本日のおやつ ドゥミセック by オーボン ヴュータン

  • 更新日:

どれを食べるか悩みます♪...(^ω^)

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

本日のおやつ チーズ饅頭 昭栄堂

  • 更新日:

宮崎では定番だそうです。

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

富士の高嶺に雪は...

  • 更新日:

朝夕寒くなったなぁ〜ということで、昨晩厚手の布団を出しました...

東京への移動中、富士山を見たら山頂には雪が積もっていました。

着々と冬が近づいてきておりますね。

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

道具とは

  • 更新日:

修復の道具については、こだわりといえばこだわりの。こだわりぬいたものを使っています。

ほとんどがイギリスの専門学校で教えてもらったものですが、ずっと使い続けています。

そのうちの一つ、スパチュラも、イギリス製です。

先端しなり具合が全く他のものと違います。

ですから、他のものでは代用出来ないと断言します。

スパチュラから話しは飛びますが、最近、ゴルフ (私の趣味です)のシャフトに驚きました。

シャフトには特性があって、その人に合うしなり具合があるんですって。

私にとっては、清水から飛び降りるような値段でしたが…(この棒一本で中古アイアンセット買えるんですもん) 思い切って私に合うものというのに変えてみました。

ううっ、曲がらないし飛ぶし、最高ではないですかっ(喜)

ウーム、やっぱり腕でなくて道具か…。と改めて思った次第です。

でも帰り際に言われました。「シャフトだけ変えてもダメですよ。きちんとしたスイング(基本動作)を作るということが大切です。」

サボっていたレッスンを再開します…。


Posted from いにしへの美を蘇らせる.

愛知県 名古屋に来たら行って欲しい陶磁器関係の美術館 (2)

  • 更新日:

続きです。

ノリタケの森(名古屋市 中村区)

ノリタケが世界的な食器カンパニーだということは、イギリスに行って知りました。修復のカレッジで別の専攻でしたが、イギリス人の男性が「僕のおばあちゃんにノリタケのセットを譲り受けてね」と誇らしげに話していたのを今でも鮮明に覚えています。

名古屋から世界に!なんてすごいことでしょう。ノリタケの工場の跡地に、アウトレットや美術館、ギャラリー、カフェ&レストランなどが出来、市民が憩える場所にもなっています。

私がおススメなのは美術館はもちろん、製造過程を見ることのできるクラフトセンターです。これは修復をやっているひとにも是非見て欲しいですね。以前、イギリスのウエッジウッドの工場を訪問した時も、同様の施設があり、それに引けを取らない内容です。

ノリタケミュージアムについては...その所蔵品の数、層の厚さからいうと、次にあげる美術館のが圧倒的なんですけどね...。でも日本の誇れるノリタケの歴史的作品を鑑賞すべく是非訪れてください。

横山美術館 (名古屋市東区)

ここは、工房いにしへ 名古屋工房から10分もかからないところにありますので、名古屋工房にいらっしゃる事があれば、ぜひ立ち寄って欲しい美術館です。

実業家の横山氏が、集めに集めた明治期の輸出陶磁器。今の時代は自動車産業で外貨を稼いでいますが、明治期は陶磁器が一大産業だったんですねー。海外に向けた、欧米人受けのするものをたくさん作り出して輸出しました。

横山氏は最初オールドノリタケに魅せられて、それだけでも美術館が出来るほど集めまくっていらっしゃいました。そのタイミングがノリタケ100周年の少し前だったそうです、ノリタケミュージアムが100周年に向けて、海外に渡った陶磁器を里帰りさせようと思った時には、めぼしいものにほとんどが横山氏のところに収まった後だった...ということです、圧巻のコレクションが横山美術館で見られます。

ノリタケの他にも美術館では収めきれなかった(予算の都合で)明治期の名品がゾクゾクと横山美術館に集まって、展示されております。

それにしても...実業家でなければ出来ないですよね...。

これだけ集めまくって見させてくださる横山氏に感謝!!!

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

愛知県 名古屋に来たら行って欲しい陶磁器関係の美術館(1)

  • 更新日:

東京の教室では、名古屋にはあまり行かないよ〜という方や、もし名古屋に行くことがあったら…という方に、愛知県名古屋ならでは美術館を紹介しているのですが、せっかくなのでブログでもアップしておきます。

・愛知県陶磁美術館(愛知県瀬戸市)

焼き物のことを瀬戸ものと言いますが、これは東日本での言い方だそうで、西では唐津もの、というそうです。

つまり!!!焼き物の産地の地名が、そのものを指しております。その焼き物の産地の瀬戸市にある、陶磁器の美術館です。

名古屋から離れてはいますが、地下鉄→リニモ(鉄道)でも行くことができます。陶磁器に興味のある方なら外せませんね。企画展が面白いのですが、常設の日本の焼き物、世界の焼き物は、これは見ておいて知っておいて欲しいというものが系統立てて展示されていますので、大変勉強になります。

もともと、周辺地域の瀬戸・猿投の発掘された焼き物を展示しようとスタートした経緯もあり、資料館と言われていたのですが、現在では美術館と名前が変わり、グレードアップ。

作陶室では自分で粘土をこねて器、オブジェを作ることもできますよ(これをやりにくるだけの人もいます)

どーでもいいことですが、食堂も広くてお味もgood。広いが故に、団体ツアー客が食事出来る場所としても穴場なんだそうな(笑 : 周辺にそういう施設がないため)

私は帰り道に、近所(ただし車が無いと行きづらいです)の「いなや」のうどんを食べるのが定番コースです。

・徳川美術館(名古屋市東区)

ここは陶磁器を見るというよりは、世界的にも名前が轟いている美術館なのではと思います。私がサザビーズの専門学校で日本美術史を少し勉強した時に、「TOKUGAWA MUSEUM AICHI」と言われて衝撃を受けました。というのも、私は愛知県出身であるにもかかわらず、その時は、まだ訪れたことが無かったからです。

源氏物語絵巻(国宝)が一番有名な所蔵品です。常設ではないので、なかなかお目にかかれないのですが、その他の所蔵品も素晴らしく、徳川家の歴史と風格を伝える銘品が展示されています。


中規模サイズで周り疲れしない美術館なのでぜひ訪問してください。


Posted from いにしへの美を蘇らせる.

トスカ…雨で中止

  • 更新日:

雨続きでふっと思い出した話題です。

名古屋城にオペラを見に行く…と言っていたのは、雨天のため中止になってしまいました。

チケットをくれた友人に報告とお礼のメールをしたのですが、彼はさわかみ財団(今回のオペラの後援)の理事=今勤めているところの社長 で関係があったようで、澤上社長とも会ったことがあるんだそうな…。

このオペラを見に行くことになって、少しネットで調べてはいたのですが、澤上社長はオペラ普及のために色々と「マヂメ」に活動していることに、驚きました。「金持ちの道楽でしょ」的な、単にカッコつけたいからかなあ…って、穿った見方をしておりました…。

澤上社長は良質でなるべく安くオペラを提供出来るよう、イタリアとかに自らアーティストをスカウトしに行くんだそうな。

あとはオペラの魅力を伝える講演活動などもされているようです。

そこまで情熱を傾けて活動出来るなんて…素晴らしい!金だけでなく汗もかける人はホンモノです。澤上社長にぜひよろしくお伝えください!澤上社長のファンになりました!とは友人に言っておきました。

また何か機会があった時に、お声がかかるようです…オペラはその時まで楽しみにしておきましょう。

それにしても雨になる週末が多いですね…。


Posted from いにしへの美を蘇らせる.

講習会の日程@東京 2018年10月


◾️ 10月21日 AM PM 満席です。キャンセル待ちのみ受け付けます。

■ 10月22日 AM 満席です。キャンセル待ちのみ受け付けます。

■ 10月23日 PM 満席です。キャンセル待ちのみ受け付けます。

※ 初回の方は、ワークショップ(WS)のコマお選びください。スキルアップは中級〜上級者向け の時間です。

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2