2018年2月のエントリー 一覧

さかずき美術館から幸兵衛窯へ

  • 更新日:

歩いて5分ということもあり、歩いて行ったのですが、それにしても寒かった。

裏路地を看板の矢印に沿って歩いて行くと、瀟洒な建物と古民家が…。


新しい方が幸兵衛窯本館で、加藤卓男大先生の作品が展示されています。事務所のようなところでチケットを見せて(今回は共通入場券) 展示を見ましたが、ところどころにアンティーク家具なども配置され、アットホームな雰囲気のギャラリーでした。

となりにショップもありましたが、さすが…幸兵衛窯のお値段で、見るだけにとどめました(^_^;)

お向かいにある別館でもある古民家は、福井から移築されたものだそうで…とにかく立派です。

1棟は加藤卓男氏の古美術コレクション。

技術の途絶えてしまっていたペルシャのラスタ彩を復元した、ということもあって、ペルシャのものが多く展示されて…これを見て加藤卓男先生もインスパイアされたんだわ、と感慨深い気持ちになりました。


ちょっと面白かったのが、
織部とペルシャ古陶に現れている模様が似ている!という展示。織部の自由奔放でモダンな模様は、いつも驚きなんですが…元ネタ!これだったのか!


もう1棟は、歴代の加藤幸兵衛氏の展示。

寒くなかったらもう少しゆっくり見たかったのですが、さかずき美術館の中から、かなり寒かったので、耐えきれず…退散。

冬以外に訪問をおすすめいたします。もしくは、ガチ防寒して来てください(笑)

さかずき美術館と打って変わって、こちらは撮影がオーッケーだったので、ぜひいろいろ写真を取ってくださいね〜。

Posted from いにしへの美を蘇らせる.

市之倉さかづき美術館に行ってきました

  • 更新日:

なかなか訪問出来なかった、さかづき美術館に行ってきました。

ミシュラン観光認定★★ だそうです。

市之倉は多治見にあり、陶磁器一大産地の中ではあるものの、資源に乏しく、出来上がったものを運搬するのにもちょっと不便な場所にあったため、小さな盃を生産することにより、二つのデメリットを克服して、焼き物の町として栄えたそうな…。

美術館にはたくさんの盃が展示されていました。

色や形に魅了されつつ、盃とは、例えば結婚式の三三九度だったり、戦争の時は出兵する時に使ったり、深い意味がある…というのが展示から汲み取ることができ…単なる酒飲む器、ではないんだ〜というのが、今日の収穫でした。

酒を酌み交わす、友情を深める飲み会よくやってます。やっぱりお酒はいいね

スターキャットTVで工房いにしへを取材した番組が放映されます!

  • 更新日:

宣伝が遅くなってしまい、すでに最初の放映は終わってしまいましたが、再放送で2/24(土)16:00〜と2/25(日)に見られますので、スターキャットに入られてる方、ぜひご覧になってくださいませ❗️

昨年8ー9月にかけて行った東京都庭園美術館(重要文化財)で北の間タイルを修復している様子が収録されています。


http://cat-ch.tv/list/culture/inishihe/




Posted from いにしへの美を蘇らせる.

本日の酒の肴 : 鶏のささみくんせい 宮崎

  • 更新日:

我が教室にいらっしゃる皆さんは、美味しいものを知っている方が多く、思わず「もう一度!」といったものを頂きます。

宮崎土産の鶏ささみくんせい…インターネットで注文(ポチっとな)


Posted from いにしへの美を蘇らせる.

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2