2016年1月のエントリー 一覧

nid に掲載されました

  • 更新日:

nid ( ニッポンの イイトコ ドリ を楽しもう) vol.43に工房いにしへが紹介されました!

「好きな器のこと。」という特集で、現代作家さんの素敵な器がたくさん紹介されています。見てるだけでも楽しいですが、使ったら、さらに楽しいに違いありません。

それが器の魅力かなあ…。


ぜひお手にとって見てくださいませ 、(^_^)

いにしへの美を蘇らせる

名古屋にも雪

  • 更新日:

おとといは東京で5cmほどの積雪がありましたが、本日は名古屋で積雪。混乱するような量ではありませんが、名古屋の教室は午前中はお休み、午後は開催。ということです。(成田先生より)

ありふれた名古屋の風景も雪がつもると若干北欧風になります。

いにしへの美を蘇らせる

初雪 & 初氷 @ 東京

  • 更新日:

暖かく穏やかなお正月でしたが(名古屋は三ヶ日15度くらいまで上がりました)
ここにきて急に寒くなってきました。

例年に比べて一番遅い初氷だそうですが、初雪と初氷が連続して観測された東京です。

私の根拠のなさそうで根拠のある予報によると、東京はかなり寒くなり、1mくらい雪がつもる、という異常事態が発生するのではと思っているのですが…暖冬過ぎてあまり大声で言えませんでした。

ただ、親しい人には冗談交じりで、私の予報を披露しているのですが、、、というのも、なんと、東京工房内にカメムシが(笑)出たからです!!

ベランダ…ではありません。

室内にいたんです。(笑)

いったいどうやって入ってきたのかが不思議ですが…発見したときはさすがにビックリしました。


岐阜のほうでは、カメムシが山から里に降りてきたときは雪がたくさんが降るそうなのです。

恵比寿はかなり都心だと思います。

名古屋の工房も中区でかなり都心ですが、ベランダにカメムシがやってきた年は、どっかりと雪が降りました。

果たして、今年もカメムシ予報は当たるのか?

アメリカ、シカゴ在住の方に聞いた話は、リスが丸々と太った年は、大雪に見舞わるそうです。(チョリスのイメージですね。) 今年はあんまり太っていないそうです。


いにしへの美を蘇らせる

骨董ジャンボリー 2016新春

  • 更新日:
  • 修復, 陶磁器

今年も骨董ジャンボリーに出店いたしました。かれこれ何年続いているのでしょう。私が駆け出しの頃からお世話になっております。

いつも蕎麦猪口の依頼品をたくさんくださる方がいらっしゃるのですが、てっきり業者さんかと思っていた方が、蒐集家なのだとわかりました。今回、出来上がって納品した数が10点。


「こうやってきれいにしてもらうと、ものが生きるんだよね。」


ニコニコ顏とともに、とても嬉しい言葉をいただきました。


それにしても、その方の買いっぷりは見事です。(修復のほうもです。笑)

コレクションはかなりの数をお持ちのようです。

聞くところによると、骨董ジャンボリーの初回から皆勤賞で、バジェットは通常は300万、多い時は1000万!!

福の神って、こういう人のことを言うんだ...って思いました。

福を配って、周りも自分も幸せになれる...。

そういう人のところに、またお金が集まってくるんですよ、きっと。


神様は神社仏閣だけにいるわけではないんだ...年明け早々思いました。



いにしへの美を蘇らせる

謹賀新年 2016

  • 更新日:

あけましておめでとうございます。

三ヶ日は暖かくて穏やかな陽気になりました。
特に午後は気温があがりポカポカと。厚着ですと暑いくらいでした。

工房いにしへ、仕事初めは4日から。

5日は初えびすも兼ねて、熱田神宮にお参りに行って参りました。

人出は時間帯もあるのかもしれませんが、混んでるところもあり、空いてるところもありで。神頼みに来る人はやや減ったのではという印象を受けました。

熱田神宮では、「これは苦情を書きしたためるべし。」と憤慨したことがひとつ。

とても残念なことがありました。

なんと、参道脇に、野球スタジアムなんかに設置されているようなバカでかいスクリーンが設置されており、映し出されるのは、なんとかホームの宣伝とか。。。確かに何百万人という人が見て宣伝効果があるからなのかもしれません。でも参詣者はそんなもの見たくないし、そういうものを求めて来ていないでしょう。

厳かな雰囲気の熱田神宮に神様にご挨拶に来てるのですから。

でかいスクリーンからは爆音が鳴り響き...。

ほんとに雰囲気ぶち壊しです。

宣伝料なんかに目が眩んだのでしょうか。品位というものを保って欲しかったです。

そして、年始めからこんな話題で...ちょっとすみませんといった気分です。

ブログではなるべく明るい話題をお届けしたいと思っています。
今年もよろしくお願い申し上げます。

Posted from いにしへの美を蘇らせる

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2