大阪にいってきました

  • 更新日:


阪急での営業は実は1度目ではありません。
5ー6年前でしょうか。アンティーク骨董の催事に付帯する形で、カラーフィル体験講習会をするという企画。宣伝してもらったのか、否かわかりませんが。(もちろんしてもらったはずなのですが……)そのときは、私のアンティーク販売をしていたときのお客様が1名だけ、という惨敗を喫しました。

というわけで、今回も、ダメだろうなぁ。。。と内心思っておりました。サクラでも頼もうかと思っていたKさん(最近、大阪にご主人が転勤になったという)は、そのときは大阪に不在とのこと。もし、誰も声をかけてこなかったらどうしよう。2日間どう過ごそう。何もしないで時間をやりすごすのは、なかなか辛いことです。


前回ですが、大阪での反応はどうだったかというと。

個人レッスンとなった講習会

通りすがりのオッチャンが

「へぇー。直すの?そんなん、買ったほうが早いわ。」

という(笑)ド・ストレートなご意見

大阪には文化財とか〜、古いものを大切にするとか〜、そういう文化はないんだな。

と心底思った覚えがあります。シクシク (T . T)

今回はそんな偏見を打ち砕いてくれるような、素敵なお客さまとたくさんお話しすることができました。

たった2日間でしたが、それが大きな収穫です。

「震災のときに壊れてしまってね。」と破損した猪口を相談しにきてくれた方。

いまもなお爪痕が残っていることも衝撃でした。

また誘われたら、大阪に営業に行くかは、ちょっとわかりませんが(笑)

というのも、外に出ると作業ができない。という苦しい状況。

でも、 工房の外にでて活動するというのも、やっぱり、できる限りやらなくてはね。と思いました。

ちなみに、百貨店独特の空調で、すっかり風邪を引きました。
久しぶりに、ビールがすごく不味く感じられ、その日は早々に布団に入りました。

Posted from するぷろ for iOS.

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2