名古屋工房〜教室でのとある会話

  • 更新日:

最近諸事情により東京と名古屋の工房を行ったり来たり。

名古屋工房にはナリタ先生と、たわいもない会話をしながら作業をします。

あ、真剣にならねばいけないときは、口は自然に閉まります。( ̄▽ ̄)


とある先輩の話。

「私の先輩に、愛人作って、本気で惚れてしまって、結婚しようぐらいの勢いになった人がいるんだわ。」


「へー。」

「でも、奥さんに言ったら『そんな若いムスメにアンタのオジーサンの世話ができるかッ』と言われて辞めたんだって。」

(笑)


「で、最近、他の人から聞いた噂だけど、(愛人への) 月々のお手当、30万渡してたらしい。」

「え〜。いいな〜。」


30万なら楽々暮らせるよね(名古屋で贅沢しなければ)。。。と二人でため息をついたのですが、教室での反応はそうではありませんでした。


「先生。30万円って、1日1万円ってことですよ。」

「そのオジサン、毎日来ちゃったらどうするんですか。鬱陶しくなりますよ。」


そ、そうよね〜。毎日来て求められたら(爆)1日1万円は安い。( ̄▽ ̄)
鬱陶しいのも困る。


さすが、我が優秀な生徒さんは考え方が違う。妙に感心した次第です。

Posted from するぷろ for iOS.

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

About

http://www.inishie.com いにしへの美を蘇らせる 陶磁器修復家のGarden of Spirit

プロフィール

JAPANESE ceramic conservetor

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2