about-sano


Conservation of Ceramics and Related Material 



About SANO

■ 佐野 智恵子(SANO chieko) 愛知県生まれ

1992年3月 一橋大学経済学部卒業
1992年9月 渡英
1993年9月-1995年7月 Sotheby's Educational Studies(現Sotheby's Institute)にて東洋・西洋の美術史を学ぶ
1995年4月 Sotheby's European Ceramic 部門(Bond St, London)にて職業訓練
1995年9月-1996年3月 Hamstead Garden Suburb Instituteにて美術基礎コース(美術実技全般)
1996年9月-1998年7月 West Dean Collegeにて陶磁器の修復・保存コース 在学中2ヶ月間、大英博物館、プロウドン&スミス(王室御用達修復会社)にて研修。
1998年9月-2000年6月 Sarah Baker氏の工房で修行
2000年6月 帰国
2000年7月19日 東海市にて開業 
2005年4月 名古屋工房(新栄)に移転
2006年1月 東京工房(恵比寿)開設
2012年10月 名古屋工房(新栄)現在の場所に移転

古陶磁器修復家として現在に至る


(修復の活動履歴 in 英国)
・Brighton Museumの収蔵品を修復
・大英博物館にて収蔵品を修復
・Plowdon & Smith プロウドン&スミスにて Queen Mother クィーンマザーのコレクションを修復
・Sarah Baker氏の工房で、International Ceramic Fair(Park Lane Hotel),Grovenor House antique Fairに出品する陶磁器の修復
・Sarah Baker氏の工房でSimon Spero氏(英国古陶磁専門家)の陶磁器を修復

(修復の活動履歴 in 日本)

・2001年1月 Christie's London クリスティーズ ロンドン 2001年6月2日に開催された「Japanese Art and Design」の表紙掲載の古九谷の壺を修復。
・2004年11月 JPPAにて陶磁器修復技術の講習会
・2006年2月~ 愛知県陶磁資料館の所蔵品の修復
・2006年6月  早稲田大学 會津八一記念博物館の所蔵品の修復


(修復以外の活動履歴)
2001年5月9日 如水会 名古屋支部にて「古の美を蘇らせる」講演
2001年8月 如水会報にて投稿「古の美を蘇らせる」掲載
2002年5月31日 一橋大学佐野書院にて「古の美を蘇らせる---イギリスで見つけた私の天職」講演 (主催:如水会 キャピテン・オブ・インダストリーを考える会)
2002年7月25日 一名会にて座談会「古の美を蘇らせる」(主催:みずほ銀行 名古屋)
2003年1月~12月 ZIP-FM(エフエム名古屋)の番組審議委員を勤める。(任期2003年1月~12月)
2005年1月 骨董ジャンボリー(東京 ビックサイト)にて講演
2006年1月 骨董ジャンボリー(東京 ビックサイト)にて講演
2006年4月 ノスタルジックマーケット(大阪 阪急うめだ)にて講演
2007年1月 池袋アンティークマーケット(東京 東武)にて講演

■ 連絡先

工房 いにしへ(本部) 代表 佐野智恵子
460-0007 愛知県名古屋市中区新栄三丁目12-4-803
電話 052-262-4655


文化財保存修復学会 会員
如水会 名古屋支部 幹事
古物商許可証 愛知県公安委員会 第542780101500号

Others

趣味: 仕事 茶道 
好きな食べ物: お酒 (いつも食べ物ではないと指摘されます)

さのちえこさま03.jpg