about-sano


Conservation of Ceramics and Related Material 



About SANO

■ 佐野 智恵子(SANO chieko) 愛知県生まれ

1992年3月 一橋大学経済学部卒業
1992年9月 渡英
1993年9月-1995年7月 Sotheby's Educational Studies(現Sotheby's Institute)にて東洋・西洋の美術史を学ぶ
1996年9月-1998年7月 West Dean Collegeにて陶磁器の修復・保存コース 在学中2ヶ月間、大英博物館、プロウドン&スミス(王室御用達修復会社)にて研修。
1998年9月-2000年6月 Sarah Baker氏の工房で修行
2000年6月 帰国
2000年7月19日 東海市にて開業 
2005年4月 名古屋工房(新栄)に移転
2006年1月 東京工房(恵比寿)開設
2012年10月 名古屋工房(新栄)現在の場所に移転

古陶磁器修復家として現在に至る


(修復の活動履歴 in 英国)
・Brighton Museumの収蔵品を修復
・大英博物館にて収蔵品を修復
・Plowdon & Smith プロウドン&スミスにて Queen Mother クィーンマザーのコレクションを修復
・Sarah Baker氏の工房で、International Ceramic Fair(Park Lane Hotel),Grovenor House antique Fairに出品する陶磁器の修復
・Sarah Baker氏の工房でSimon Spero氏(英国古陶磁専門家)の陶磁器を修復

(修復の活動履歴 in 日本)

・2001年1月 Christie's London クリスティーズ ロンドン 2001年6月2日に開催された「Japanese Art and Design」の表紙掲載の古九谷の壺を修復。
・2006年2月~ 愛知県陶磁資料館の所蔵品の修復
・2006年6月  早稲田大学 會津八一記念博物館の所蔵品の修復
・2007年~  岐阜県現代陶芸美術館 所蔵品の修復
・2008年   金沢21世紀美術館 所蔵品の修復
・2012年   岡崎市 本田忠次邸移築・保存(玄関・浴室タイルの修復)
・2014年   東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)香水塔の修復
・2015年~2016年 (愛知県稲沢市)尾張大国霊神社陶製狛犬保存・修理
・2017年   東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)北の間タイルの修復
・2019年2月~   ユネスコ国内委員


(修復以外の活動履歴)
2001年5月9日 如水会 名古屋支部にて「古の美を蘇らせる」講演
2002年5月31日 一橋大学佐野書院にて「古の美を蘇らせる---イギリスで見つけた私の天職」講演 (主催:如水会 キャピテン・オブ・インダストリーを考える会)
2003年1月~12月 ZIP-FM(エフエム名古屋)の番組審議委員を勤める。(任期2003年1月~12月)
2005年1月 骨董ジャンボリー(東京 ビックサイト)にて講演
2006年4月 ノスタルジックマーケット(大阪 阪急うめだ)にて講演
2007年1月 池袋アンティークマーケット(東京 東武)にて講演
2014年~2019年 如水会 理事
2019年 名古屋テレビ番組審議委員

■ 連絡先

工房 いにしへ(本部) 代表 佐野智恵子
460-0007 愛知県名古屋市中区新栄三丁目12-4-803
電話 052-262-4655


文化財保存修復学会 会員

古物商許可証 愛知県公安委員会 第542780101500号

Others

趣味: 仕事 ゴルフ ワイン
好きな食べ物: お酒 (いつも食べ物ではないと指摘されます)
苦手: にんじん

さのちえこさま03.jpg